面接は準備をしてから臨もう

面接を受ける時は、身だしなみに注意しましょう。

面接は準備をしてから臨もう
面接は準備をしてから臨もう

面接時の身だしなみに気を付けよう

面接を受ける時は、身だしなみに注意しましょう。スーツを着ればよいというわけではありません。スーツにほこりがついていないか、男性ならネクタイは曲っていないか、女性はストッキングが伝線していないか、など念入りにチェックをしておきましょう。身だしなみは第一印象につながります。第一印象で不潔な印象を与えてしまうと、悪い印象を拭い去るのは難しいです。また、服だけでなく靴やカバンも手入れをして、汚れを取っておきましょう。

面接では清潔感を与える身だしなみが好印象を与えるでしょう。男性はヒゲを剃り、髪の寝癖をなおしておきましょう。女性は派手な髪型を避け、メイクもナチュラルメイクの方が好感度が高いです。華美なネイルやアクセサリーも避けた方が無難です。ネイルのおしゃれは一般的なものになってきましたが、面接官には年配の方もいらっしゃるでしょうから、長すぎる爪や派手なネイルは避けた方が好ましいでしょう。面接の日は自宅でしっかり鏡でチェックするでしょうが、面接会場に行くまでに身だしなみが乱れる可能性もあります。面接当日は早めに家を出て、駅のトイレや面接会場のトイレなどで再度衣服や髪などに乱れがないかチェックをしておくと安心でしょう。

Copyright (C)2017面接は準備をしてから臨もう.All rights reserved.