面接は準備をしてから臨もう

就職面接に遅刻すると、進行上多大な迷惑をかけることになります。

面接は準備をしてから臨もう
面接は準備をしてから臨もう

就職面接に遅刻しそうになったら

就職面接に遅刻すると、進行上多大な迷惑をかけることになります。基本的な常識が身についていないと見なされるでしょう。しかし、自分の責任ではない場合もあります。電車が故障などの理由で遅れる可能性もゼロではないわけです。そう言う場合は、できる限り早い段階で連絡をしなければいけません。今は、携帯電話を持っている人がほとんどですから、連絡することに困ることはないでしょう。それだけに、面接開始時刻ギリギリに連絡をすると言うのでではいけません。また、忘れずに応募先企業や採用担当者の連絡先を携帯電話に登録しておくことです。

そして、連絡を入れるときは、まず初めに自分が面接を受ける人物であることを伝えましょう。採用担当者が電話に出たら、名前をフルネームで名乗り、手短に遅れる旨を話すことです。そして、指示を仰ぎましょう。もちろん、電話を切る前にお詫びの言葉を一言入れることを忘れてはいけません。5分、10分どころの遅れではない、30分以上遅れると言う場合、無断欠席してしまう人も少なくありません。これは一番やってはいけないことです。何分遅れそうでも連絡は必ず入れるようにしましょう。もちろん、できる限り早くです。

Copyright (C)2017面接は準備をしてから臨もう.All rights reserved.