面接は準備をしてから臨もう

面接が楽しくて全く緊張しないと言う人はいないでしょう。

面接は準備をしてから臨もう
面接は準備をしてから臨もう

面接は緊張するのは分かるが

面接が楽しくて全く緊張しないと言う人はいないでしょう。何回も受ければ慣れると言うものでもありません。何回受けても緊張はします。落ち着けと自分に言い聞せれば言い聞かせるほど、どんどん緊張していくでしょう。しかし、あまりにも緊張していると、普段なら分かることも忘れてしまうことがあります。面接では携帯電話はマナーモードにするか切るかしなければいけません。こんなことは普段なら分かるでしょう。しかし、当日緊張し過ぎて忘れていたと言う人は少なくありません。そして、そう言うときに限って電話が鳴ったりします。

緊張していて忘れていたとしても、マナーがない人と思われるでしょう。ある程度冷静でいないといけません。冷静さがあれば、こうしたことは忘れないはずです。また、男性に多いですが、緊張を少しでも和らげようとタバコを吸う人がいます。しかし、会場でタバコを吸うのはNGです。最近はかなり少なくなりましたが、灰皿が用意してある会場もあります。たとえ、灰皿があったとしても吸わないようにしましょう。言うまでもありませんが、灰皿がないからと言って、吸殻をその辺に捨ててはいけません。そう言う行為は見られていると肝に銘じましょう。

Copyright (C)2017面接は準備をしてから臨もう.All rights reserved.